初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

写真の著作権が問題になるケースはこれだ!

近年はスマホで誰でも簡単に写真が撮れる時代になりました。それに従って増えてきているのが写真の著作権の問題。

ここでは写真をめぐってトラブルにならないように基本的なことを押さえておきましょう。

写真の著作権が問題になるケースはこれだ!

●企業など自社のサイトに使っていた写真が、実は写真家の承諾を得ていなかった

他人が撮影した写真を無断で使用すると、著作権及び著作権の侵害になります。ただし、例外規定もあります。

もし写真家から「そちらの会社のサイトに自分の撮った写真が無断で使われている」と訴えられたら、すぐさまその写真の使用を停止しましょう。

故意による著作権侵害と認定されることがありますので、まずは、合理的に算出される使用量に相当する額を支払いましょう。
今後も写真を使用したい場合は、その写真家に使用の許諾を得て使用料やライセンス料を支払いましょう。

もし誰が撮影した写真わからないのもならば、潔く使用を中止しましょう。改めて写真家に依頼したり、貸し出している写真を利用するためのライセンス料を支払ったりするなどして、出所の明確な写真を使うようにしましょう。

●写真家が撮影した写真に、他の著作物や人間が写りこんでしまうた

撮影対象ではなく、絵画やポスターなど背景にたまたま小さく映り込んでしまったりした場合は著作権の承諾は不要なケースが多いです。

ですが、ポスターや絵画など商用目的ともとられるような形でわざと写したような場合は、著作権の侵害とされてしまいます。

人が映り込んだ場合も同じ。肖像権という権利があり、私たちは、むやみに他人に写真を撮られたり公表されたりしないように主張できます。

集団の写真でも、一人一人が鮮明に特定できる場合、肖像権が成立することがあります。

中でも宗教や政治の活動において参加者が特定できるような写真を撮り公表するときは気を付けなければなりません。

逆に撮影されることが前提の町内のイベントなどの場合は、ここまでシビアではありませんが、なるべく個人が特定されないように加工することなどが求められます。