初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

防犯カメラ有効に使って犯罪抑止力をさらに高めるには?

■イメージイラストです。■舞台小道具などに。

 

街中のありとあらゆる場所に設置され始めた防犯カメラ。カメラの小型化やメモリ容量の増大などによる技術の進歩に伴い、誰でも簡単に設置ができるようになりました。犯罪の抑止のために一役買っています。
ここでは防犯カメラの設置場所に焦点を当てました。

一般家庭と業者・店舗では少し異なる

●一般家庭の場合

一般家庭は空き巣や車の盗難などの被害が多いです。ですから、侵入しやすい一階の窓や玄関、駐車場に設置するのがいいでしょう。

●業者・店舗の場合

入り口や窓にはもちろん、店内に商品がある場合は店内の死角を作らないように設置します。また金庫がある場合は金庫周りも対策が必要です。

隠して設置⇒目立つように設置へ

一昔前は、家具や備品などにカモフラージュさせ、防犯カメラが設置されていることが分からないように対策をするケースが多かったです。

現在も周りにカモフラージュさせてカメラを忍ばせるケースも多いですが、わざと目立つ場所に設置したり、「防犯カメラ作動中」というステッカーを貼ったりして抑止力を高めることが増えてきました。犯罪を未然に防ぐこと効果を上げています。

設置には専門業者のアドバイスを受けながら進め、取り付けを依頼しましょう。

防犯カメラをさらに有効に

●赤外線カメラ

人の目では見えない光を当てることで撮影する赤外線カメラ。これを使うことで暗い夜や倉庫内でも撮影することができます。近隣の方に迷惑にならないカメラです。

●センサーライト

 

人が近づくと反応するセンサー。不審者が近づくだけでパッと明かりがつけば、犯罪を抑止する効果があります。ただし、設置場所には注意が必要で、近隣の方の迷惑にならないかを確認しましょう。