初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

初心者におすすめ「カメラバッグの選び方」

カメラは本体を買っても付属するケースやばっぐばどは無いことが殆どです。
こちらでは毎日持ち歩いても苦にならない、使いやすくて気分も上がるカメラバッグの選び方についてご紹介します。

◆カメラバッグの種類

・ショルダータイプ

一番多く見かけるタイプで、サイズやデザインも一番豊富なスタンダードなものがショルダータイプ(肩掛けタイプ)です。
メリットは機材やカメラの出し入れがしやすいということや、一目で何が入っているかが分かり易い、整頓がしやすいということです。
デメリットは構造上体の片方に負荷がかかるのであまり重量のあるものは向いていないということでしょうか。

・リュックタイプ

大型のものが多く、機材や荷物を沢山収納できることや、両手がフリーになるのでアクティブな場所での撮影に向いています。
縦長のため三脚なども収納できます。
デメリットはサッとカメラを取り出しにくい事、大型なのでデザイン的には武骨なものが多いということが挙げられます。

・ボディバッグタイプ

メッセンジャーバッグタイプとも呼ばれる体にピタッと添わせるようにして携帯するバッグで、ショルダータイプとリュックタイプの中間のようなバッグです。
構造上サイズを一定以上に大きくすることが不可能ですが、使いやすさやおしゃれ度などを鑑みるとあまり大荷物を持たない初心者におすすめと言えるでしょう。

 

大は小を兼ねない

カメラバッグは大きければ大きい程重くなり、また見た目も「ザ・カメラバッグ」という感が漂います。
ちょっと一眼レフカメラをもってお出かけ…というには大仰な装備になってしまいますし、何より疲れてしまいがち。
カメラバッグは使用するカメラや撮影目的によって使い分ける事をおすすめします。

初心者におすすめ「カメラバッグの選び方」

カメラは本体を買っても付属するケースやばっぐばどは無いことが殆どです。
こちらでは毎日持ち歩いても苦にならない、使いやすくて気分も上がるカメラバッグの選び方についてご紹介します。

◆カメラバッグの種類

・ショルダータイプ

一番多く見かけるタイプで、サイズやデザインも一番豊富なスタンダードなものがショルダータイプ(肩掛けタイプ)です。
メリットは機材やカメラの出し入れがしやすいということや、一目で何が入っているかが分かり易い、整頓がしやすいということです。
デメリットは構造上体の片方に負荷がかかるのであまり重量のあるものは向いていないということでしょうか。

・リュックタイプ

大型のものが多く、機材や荷物を沢山収納できることや、両手がフリーになるのでアクティブな場所での撮影に向いています。
縦長のため三脚なども収納できます。
デメリットはサッとカメラを取り出しにくい事、大型なのでデザイン的には武骨なものが多いということが挙げられます。

・ボディバッグタイプ

メッセンジャーバッグタイプとも呼ばれる体にピタッと添わせるようにして携帯するバッグで、ショルダータイプとリュックタイプの中間のようなバッグです。
構造上サイズを一定以上に大きくすることが不可能ですが、使いやすさやおしゃれ度などを鑑みるとあまり大荷物を持たない初心者におすすめと言えるでしょう。

 

大は小を兼ねない

カメラバッグは大きければ大きい程重くなり、また見た目も「ザ・カメラバッグ」という感が漂います。
ちょっと一眼レフカメラをもってお出かけ…というには大仰な装備になってしまいますし、何より疲れてしまいがち。
カメラバッグは使用するカメラや撮影目的によって使い分ける事をおすすめします。