初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

自撮りがもっと楽しくなる?その場でプリント!

※自撮りイメージ

 

結婚式やイベントなどで仲間と自撮りをする場合、きれいに撮影できて、かつその場でプリントアウトして渡せるととても便利です。
そんなことが可能となる富士フィルムのチェキの最新モデルが話題となっています。

知らない人と自撮り・・・どうやって渡す問題

スマホにカメラが搭載されてから自撮りという文化が生まれました。仲間やペットと一緒に撮ったりし、SNSにアップする人も多いでしょう。
しかし、知らない人同士だといちいちアカウントの交換をしたり、近くに来てもらってAirDrop(iPhoneの場合)で交換したりと、ちょっと面倒なことも発生します。
その点、その場でプリントアウトして渡してしまえばそれで済みますし、今、プリントして渡すという機会が少なくなっていますので、逆に喜ばれたりします。

富士フィルム「チェキ」の愛称で親しまれているinstaxシリーズ

富士フィルムのインスタントカメラ instaxシリーズは1998年の発売以来「チェキ」という愛称で親しまれてきました。
2020年12月に新しいモデル「instax SQUARE SQ1」が発売されました。
ちょっと懐かしい雰囲気の四角いカメラは、どんどん新機種が発売されるスマホと異なり、持っているだけでレトロな雰囲気がただよい、構えるだけでなんとなくおしゃれに感じられます。
このたび、「簡単な操作」と「美しい写真」が同時に実現されました。

レンズ部を回して電源ON、さらに回してセルフィ―モード

レンズ部を回すだけで電源がONになる簡単操作。あとはカメラを構えるだけでシャッターを押すだけです。
明るさを自動的に感知し、オート露光機能がその時に最適なシャッタースピードやフラッシュ光量を調節してくれます。
さらに同じ方向にレンズを回すと、自撮りモード(セルフィモード)に早変わり。液晶パネルのボタンを押す操作ではないので、どんなシーンでもくるりと回すだけ。切り替えがわずらわしいということはありません。

晴天の屋外から室内の暗いところまで、どんなシーンでも被写体と背景が最適な明るさに調節され、美しい写真ができ上ります。このあたりはさすが、富士フィルムの技術が存分に発揮されていますね。

握りやすいグリップ付属品もうれしい

丸みを持たせた握りやすいグリップもデザインのアクセントになっており、付属品のグリップパーツを取り付ければ、さらに握りやすく安定します。
色もレトロ調でおしゃれ。チョークホワイト、テラコッタオレンジ、グレイシャーブルーの3色です。