初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

逆光の魔力を使って撮影してみよう

被写体が美しく撮れている写真はとても魅力的。ですが写真の世界には逆光という文化が存在します。
ここでは逆光の魅力についてお伝えしましょう。これを読めばあなたも逆光写真に挑戦したくなること間違いなしです。

逆光撮影-基本のキ

逆光撮影とは、カメラのレンズに向かって光源が差し込んでくる状態で撮影することをいいます。太陽光だけでなく、あらゆる光源がカメラに向かって挿し込んでくる状態。被写体が影になって黒く写ることから、被写体にピントを合わせて綺麗に撮影するのには向いていません。
しかしそれを逆手に取って、ロマンチックな画像を撮影することもできます。

●フラッシュを炊いてみる

カメラは挿し込んでくる光が強ければ自動的に光の量を調整し、暗く写すように働きます。フラッシュを使用して撮影をすれば明るく映りますが、オート機能の場合はフラッシュが炊かれないこともしばしば。こんな時は、強制発光モードに切り替えて撮影しましょう。

●絞り値を変化させる

絞り値を色々変化させることで、入ってくる光とこちらから照らす光の具合を変えることができます。
その時のシチュエーションで、どの位光が差せば一番美しく撮影できるか撮りながらいろいろと試してみましょう。

●露出補正でハイキー撮影も

逆光の状態で露出補正をプラスにしていけば被写体が明るく映ります。これは逆光を活かして被写体をふんわりと撮影したい時に使えるやり方です。このような撮影方法をハイキーと言います。

どんなシーンで使えるの?

●被写体の人物が眩しがるのを防ぐ

人物に良く光が当たるようにすると、眩しくてしかめっ面になってしまうこともあります。逆光で撮影すればそのようなことは起こりません。

●料理の撮影に

カメラの向こうから料理に光が差し込んでいる状態なので、みずみずしさが感じられ、艶のある写真が撮影できます。

●被写体をわざと暗く写したい

風景を撮影する時に、風景がメインだけれどもあえて人を入れてを逆光に撮影することで、遠近感が出たりします。