初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

一度は撮影してみたいフォトウェディングはメリットたくさん!

近年、派手婚は敬遠されがち。家同士の結びつきを強調しなければならないし、お金もかかる、会社の上司なども呼ばなければならず、プライベートと仕事は分けたいカップルにはちょっと不評。
リーズナブルにサクッと済ませたいカップルにぴったりなのがフォトウェディングです。
カメラマンの方なら一度は結婚式を撮影してみたいと思うのではないでしょうか。

絶対的に費用が安い

結婚式の費用はバカになりません。披露宴までこなすと250~350万円はかかります。そんなお金があったら他の必要なことに回すのが賢い現代カップル。
フォトウェディングの場合、20万円もあればOK。無駄な費用を押さえたい人にはぜひおすすめします。

素敵な写真がたくさん残せる

昔ながらの結婚式から披露宴までこなす場合、写真撮影する時間が限られます。ロケーションもポージングも限られていまい、また、室内で行うことが多いので映りもいまいち。
フォトウェディングなら一日かけて好きなロケーションにでかけたり、アイテムを揃えたり。変化にとんだポージングをしたりと、いろいろ挑戦できます。
日中の昼間、輝く太陽のもときらめく写真を撮るのもいいですし、辺りがオレンジ色に染まるサンセット時もまた趣があって素敵な写真が残せます。
要は、自分たちの「こだわり」を写真としてたくさん残すことができるのです。
SNS時代に、自慢できる写真は必須。納得いく写真をたくさん残しましょう。

訳アリ婚でも気兼ねせず・・・

再婚カップルはかなり増えていますが、あまり大げさにしたくないと考える方は多いです。でも思い出に写真くらいは残しておきたいもの。子持ちでの再婚なら、家族全員で写真の収まれば、心機一転一体感が感じられるかもしれません。
また、授かり婚であまり無理はしたくない、というカップルもいるでしょう。子どもが産まれてから、改めて3人で撮影するのも素敵です。
さらに、結婚当初は式を挙げておらず、でも何か思い出に残したいと考えている方もいるかもしれません。
そんなちょっと訳アリの方でもフォトウェディングなら二人の都合で何とでもなります

新婚旅行と兼ねて海外へ

海外でフォトウェディングをすれば新婚旅行も兼ねられ、一石二鳥。仕事が忙しくてそうそう休んでいられないカップルでも正月やお盆休みを利用して一気に済ませることもできます。
また海外挙式にすれば参列者も家族のみとしたり、二人だけとしたりできるので、ゲストを選ばなきゃ、というプレッシャーからも解放されます。