初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

スポーツをきちんと撮るなら一眼レフ(ミラーレス含む)がおすすめ

 

一般的に競技は近くで見られることはありません。競技場全体の雰囲気を撮影するであれば、スマホやコンデジでも構いませんが、選手の動きを撮影したい場合は、やはり一眼レフ(ミラーレス含む)がおすすめです。
また可能であれば望遠レンズを装着することが望ましいです。距離もあり被写体の動きもある場合は威力を発揮します。

おすすめ望遠レンズは?

競技にもよりますが、200mm~300mmあればかなりいい画像が撮影できます。サッカーや野球などの大きなフィールドであれば、それ以上のものがいいかもしれません。
プロのカメラマンであれば、500mm以上の超望遠レンズを所有している方も多いですが、一般人にはちょっと難しいでしょう。

ピントを合わせるのが難しい・・・

例えば、野球などでピッチャーにピントを合わせたい場合、シングルフォーカスでその被写体にロックをすれば多少の動きにも対応できます。
サッカーのような動き回る選手を撮影したい場合、コンティニアスオートフォーカスを利用します。これは、シャッターボタンを半押ししている間、画面内で動いている被写体にピントを合わせ続けてくれる機能。一般的なコンデジにも付いている機能です。

最も難しい「手ブレ」

三脚を構えて撮影するのは必須。遠くの被写体はいくら脇をしっかり構えてもどうしても手ブレを起こしてしまいます。
またカメラにある機能で「スポーツモード」があります。これは、明るい場所であればとても有効。しかし暗いところだとシャッタースピードが遅くなってしまうこともあり、難しいケースもあります。そういう場合はシャッタースピードを優先します。
おすすめは1/125~1/250秒。躍動感が感じられる写真を撮影することができます。
また、連射モードも必須。何枚か撮影して良く撮れている写真をチョイスしましょう。