初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

やり始めたらハマる?マクロ撮影

これから春らしくなっていく時期、枝の節から顔を出す新芽や花々のつぼみを見つけ、思わず顔を近づけた経験のある方も多いのではないでしょうか。
ここでは撮り始めたら絶対にハマる!?マクロ撮影のコツについてご紹介します。

まずはマクロモードを使ってみる

マクロモードは、ほとんどのカメラでチューリップのマークになっています。

コンパクトデジカメの場合

一般的なコンパクトデジカメだと30cmくらいまで近づくことができます。それよりも近づくとピントがボケてしまいます。
そこで、ズーム機能をワイドにするとさらに近づくことができます。
近くの物を撮る時は、写真に写る角度を狭くするために画角を望遠側に合わせます。こうすれば、被写体と背景にくっきり差ができ、立体感のある写真が撮影できます。
もっとアップにしたい時は虫眼鏡を使う手もあります。その時は、大きな虫眼鏡を使うこと、小さいと画像にゆがみが出てしまいます。
虫眼鏡にはプラスチック製とガラス製がありますが、ガラス製の方が傷がつきにくく撮影には向いています。

一番レフの場合

一眼レフの場合、クローズアップレンズ・マクロレンズを使うと近づいてもピントが合い上手に撮影できます。マクロレンズよりもより近い被写体を取る時にクローズアップレンズを使います。
望遠レンズで遠くからズームにして撮る方法もあります。いずれも出来栄えに違いがありますので、被写体と自分の好みを考慮して撮影するといいでしょう。

定番!花のアップを撮ってみる

露出やホワイトバランスを調整することでより美しい仕上がりになります。花をもっと明るく撮影したい時はプラス側に、逆にもっと暗くして撮影した時はマイナス側に合わせます。
花の色が実際と違うなと感じたら、ホワイトバランスを調整します。晴れやくもりモードに変えてみるだけでだいぶ印象が異なりますので、ぞれぞれ撮影して出来栄えの違いを楽しむのもいいでしょう。

マクロモード、ここに気を付けよう

一番多いのが手ブレ。被写体に近づくほど、手振れが大きくなります。また姿勢や構え方が中途半端だと手振れを起こしやすくなるため、両脇を固めてしっかり構えましょう。
ピンボケも注意です。被写体になかなかピントが合わない時は、自分の腕時計などを被写体と同じ距離に置いてピントを合わせてから被写体を捉えるとうまく合わせられます。

構図もしっかり整える

花を撮る時に、周りの葉や茎、次に咲きそうなつぼみを一緒に入れるとにぎやかな印象になります。しかしちょっとごちゃごちゃしすぎかなと感じたら花だけにピントを合わせてあとはぼかすといいでしょう。
また、反対側からや下から撮ったりすると、また違った表情の花に見えます。