初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

近距離撮影で圧倒的な臨場感、マクロレンズの凄さ!

 

誰でも一度はドアップの写真に魅せられたことがあるのではないでしょうか。それは花だったり昆虫だったり食材だったり。その小さな世界を圧倒的な臨場感で楽しませてくれるマクロ撮影。そんな時に使うマクロレンズに注目してみました。
遠くの景色や夜景もいいですが、身近にあるこじんまりしたマクロの世界の世界にも物語が宿っていそうです。

被写体を実物大で写すことができる

基本的にマクロレンズは被写体を実物と同じ大きさで写すことができる機能を備えています。これを等倍撮影と言います。
普通のカメラレンズではピントが合わないような至近距離の被写体でも容易にピントが合い、かつ画面いっぱいに大きく写すことができます。

マクロ撮影はピントの合う範囲が狭くなります。一般的にはF値を大きくしてピントの合う範囲を広くします。逆にF値を小さくすればボケが生かせる写真ができ上ります。肉眼で見るのとは全く別の正解を撮影することができます。これがマクロレンズの醍醐味です。

高画質な単焦点マクロレンズがおすすめ

ズームレンズの中にはマクロ撮影機能が付いたレンズもあります。しかし、本格的にマクロ撮影を楽しみたいのなら高画質な単焦点のマクロレンズがおすすめ。
マクロ撮影は手ブレが目立つため、手ブレ補正機能がついているモデルだとなお良いでしょう。

どんなレンズがおすすめなの?

●CANON EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM (希望小売価格45,000円)
CANON EOS Mシリーズ用のマクロレンズ。先端にLEDライトがついているのが特徴です。軽量でコンパクト。最大で1.2倍の拡大マクロ撮影にも対応します。これ一つあれば、一般撮影からマクロ撮影まで手軽に楽しめます。

●TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD MODEL F017(希望小売価格90,000円)
フィルムカメラ時代から多くのファンを持つタムロン90mmマクロレンズ。こちらの最新版です。フルサイズ対応の中望遠マクロレンズで、本格的にマクロ撮影をしたい方にはおすすめです。対応マウントは、ニコンF、キャノンEF、ソニーA。

女性にも人気、花や野菜を撮ってみよう

近年、草花や野菜、料理、食材などを綺麗に映してSNSにアップする女性が増えています。彼女たちの中には携帯のカメラではなく、一眼レフを上手に使いこなしている人も。自分だけの世界に浸れる自分だけのオリジナル写真の撮影をぜひ楽しんでみませんか?