初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

初心者でもOK。インテリア・オブジェをオシャレに撮影!

カメラの進化がすさまじいい現代。特に携帯電話のカメラは簡単に美しい写真が撮影できるようになりました。
デジタルカメラもしかり。コンパクトデジカメから高級一眼レフまでなんでも揃う今では、目的によって使い分ける時代になりました。

携帯カメラじゃ物足りなくなる人続出!?

携帯電話で写真を撮っているうちにだんだん写真にはまってきて、一眼レフが欲しくなる・・・こういう方は最近増えているのだそうです。
最近の携帯電話は一眼レフに相当する機能はついていますが、画面からメニューを選んで設定し・・・この操作がなかなか面倒。ですから機能はあるけど使っていない、という方が多いようです。。
その点、一眼レフはメニュー表示や選択がとても分かりやすく、専用ボタンやダイヤルなどが付いており、とにかく操作がしやすいのが特徴。
厚みのある専用レンズで撮った写真の出来栄えは、携帯電話の薄いレンズは到底かないません。

初心者は以下の3点に気を付けて撮影してみよう

一眼レフ初心者でも以下の3点に気を付ければ、簡単に美しい写真を撮ることができます。家の中にある素敵なインテリアやオブジェまずはカメラを触ってみて撮ってみることから初めてはいかがですか?

①基本のキ、絞り(F値)を変えてみる

絞りとはレンズを通る光の量を調節する機能。F値とは、この光の量を数値化した値です。
絞りの値を小さくする=開くと、レンズを通る光の量が増えます。そうすると、被写体の背景をぼかして写すことができます。
絞りの値を大きくする=絞ると、レンズを通る光の量が少なくなり、ピントが全体的に合った写真に仕上がります。

②露出を補正して明るさを整える

オートモードで撮影すると、カメラが被写体の明るさを自動的に判断し、一般的な明るさに写してくれます。
被写体が全体的に白っぽいと、カメラは明るすぎると判断し、暗めに写します。逆に被写体が全体的に黒っぽいと、カメラは暗いと判断し、全体的に明るめに写します。
この自動調節で、「ちょっと見た目と違う」と感じてしまうことがよくあります。
こんな時は露出補正で調節します。
被写体が全体的に白っぽい時には露出補正をプラス側にし、少し明るめに写るようにします。全体的に黒っぽい時には露出補正をマイナス側にし、少し暗めに写るようにします。
こうすれば見た目の明るさと同じような写真を撮ることができます。

③ズーム機能で遠近感を味方に!

広角レンズは人の見た目よりも広い範囲を写すことができます。逆に望遠レンズは人間の視角よりも狭い範囲を写すことができます。
広角レンズを使うと、被写体と背景がぐっと離れているように写すことができ、写真に奥行きが出ます。逆に望遠レンズを使うと、被写体と背景が近くに写り、被写体がより際立つように感じられます。
一般的に、風景を広く大きく撮影したいときは広角レンズを使います。逆に人物ポートレートやオブジェなど主人公を際立たせたいときは望遠レンズを使います。