初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
フォトネットワーク.com
menu
初心者からプロカメラマンのためのフォト情報総合サイト | フォトネットワーク.com
CC[W

より魅力的に見せるために・・・婚活写真で気を付ける点~男性編~

コロナ禍で自宅で独りで過ごすことが多い日々。家に閉じこもってばかりいると、「パートナーがいたらもっと充実した時間が過ごせるのかな」と感じる人は増えています。
そのため、オンライン婚活や結婚相談所の利用者はどんどん増え続けています。今がチャンスとばかりに、婚活を始める人が急増中。
ここではより魅力的に見せるために、婚活写真を取る際に気を付けることをご紹介します。

どんなプロフィール内容よりも、まず写真!

初対面の相手を判断する時、顔や表情を重要視するという人は非常に多いです。もちろん会話をしてみて人柄が分からないと、お付き合いまでは進展しません。
しかし、写真の印象が悪ければ、この時点でNGと選別され、会話をする段階まで進めません。

女性は、その人の顔や表情から多くのことを感じ取っています。その人の雰囲気や醸し出す人柄、生理的に受け付けるかなど。
男性にはよく分からない「感覚の生き物」である女性。ですから、婚活用の写真をなめてはいけません。まずは「この男性と会いたい!」と思わせること。
これらのことをよく理解してもらいましょう。

メインフォトは必ずスタジオで撮影する!

婚活ではメインのフォトのほかにサブフォトもアップできることもあります。サブフォトはスマホで撮影されたスナップ写真や自然な姿でOKですが、メインフォトはスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらった写真を使うことです。以下、具体的なアドバイズ例を挙げます。

 

・その人が最も魅力的に映るように光の加減や向きをアドバイス。

・口角や頬が少し上がるくらいの笑顔で。鏡を見せて表情を自分自身で確認してもらってもOK

・笑い過ぎると目が細くなってしまったり、歯茎が見えてしまったりするので、ちょうどよいバランスをアドバイス

・あごを引いて姿勢よく。男性らしさが感じられ、自信がみなぎっているように

・本人は真っ直ぐのつもりでも、顔がどちらかに傾いていたり、肩が上がっていたりするもの。左右対称になるように上手く矯正。

写真にお金をかけている=真剣に婚活している証拠

女性は、写真から婚活に対する思いや考え方も垣間見ています。メインフォトを適当な自撮りにしていると、「この人は真剣に婚活していないな」と感じます。
真剣に結婚相手を探したい人は写真をないがしろにしません。自分の映りさえよければ、スマホにある奇跡の一枚でいい、ということではありません。
スタジオで撮影した写真を使うことは、婚活への真剣度が高いことを表す指標でもあるのです。